☆ WINDING ROAD mj-log | やったこと・あったこと・行ったとこ・思ったこと…を書いておくブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by mj on  | 

富士山・宝永火口へ


日曜日・・子供ッち二人と富士山まで行ってきました。



先月軽い気持ちで富士山5合目「須走口」から小富士まで歩いたのをきっかけに、
ちょっとだけ山歩きに興味を持ってしまった小僧さん・・・
そんな小僧さんが次なるターゲットにしたのが「宝永火口」&「宝永山」!!
今日は娘と二人でそのお供について来ました・・。

朝8時自宅を出発・・




富士山スカイラインを走っていると沢山のバイクとすれ違います。



自宅出発から3時間(オール下道)・・富士宮口新5合目到着です。



5合目付近は霧(雲?)に覆われて視界が悪いです。
予想よりは寒くありませんでしたが上着を着た方がいいですね。




まずは昼食を食べて・・・準備万端!




宝永火口を目指して出発・・



いきなり・・なかなかの過酷な上り坂が続きます・・。。



足元はだいぶ平らになりましたが上り坂は続きます・・。
右下に見える道は「ブル道」のようですね。
お仕事で富士山に登られるtomzuさんはこの道をブルドーザーで登って行くのでしょう。



振り向けば・・後ろから続々と歩いて来ます・・。


宝永火口周遊コースでは一番高い場所であろう6合目に着きました。
小僧さんが持ってきた「おっとっと」を食べながら休憩します・・。


こちらは5合目方面・・雲の中です。


こちらは宝永火口方面・・すこしだけ火口の縁が見えます。




ここから左に進めば富士山頂上へと登れます。
我々は直進して宝永火口を目指します・・。
(登山口は閉鎖されていますが策を乗り越えて頂上へと進む人が意外と居ます)




少しだけ雲が切れたのでカメラを構えていると頂上がチラッと見えました・・。




宝永火口到着・・おおきな穴があいています。。



正面に見えるのが宝永山のようです。
規模が大き過ぎてどれくらいの距離があるのか分かりません・・
ここで小僧さんと相談・・
おね~ちゃんがお疲れのご様子なので「宝永山」はパスする事にしました・・。



宝永山は来季以降の楽しみに・・・


帰りは「富士山自然休養林歩道」を歩いて5合目駐車場まで戻りました。
ユックリ休憩をしながら90分のハイキング?(トレッキングっていうのかな・・)でした。



もともとキャンプなどアウトドアが好きなmjですので、トレッキングにもハマってしまいそうな予感です。
先ずはウェアーとシューズは揃えた方が良さそうですね・・。

関連記事
スポンサーサイト

Category : トレッキング
Posted by mj on  | 12 comments 

-12 Comments

ぽん says...""
御子息はおいくつですか?
結構シブイ趣味を開花してしまったのかもw

登山は行けば気持ち良いのでしょうが、いかんせん今は疲れるのが大嫌いに・・・(;^ω^)

富士山周遊行きたくなってきたなぁ~
自分も今度の休みにCBで初となるソロでマッタリツーをしてきます♪
でもダムカード集めになるかも知れません・・・
どっちにしてもマッタリ♪ (;^ω^)
2014.10.20 16:24 | URL | #- [edit]
キリン says...""
富士山て、須走の5合目までしか行ったことありません。
それくらいのプチ登山?なら楽しそうです。
でも御岳のことがあって、山は怖いなと思っています。
2014.10.20 16:52 | URL | #sARJH.kY [edit]
身の丈程 says...""
あの軽石みたいな火山灰の中・・・・・やわらかい砂浜を歩く感覚と同じ?
多分身の丈程は、3分で帰ってくると思います。(ーー;)

やっぱりtomzuさんと一緒にブルで・・・・(笑)
2014.10.20 20:59 | URL | #- [edit]
JUN says...""
富士さん先週に冠雪したんですよね。
頂上は雲の中でしたか?
いつかは上ってみたいですね~
20代の内に・・・って来年までだ
2014.10.20 21:37 | URL | #mQop/nM. [edit]
(☆(゚∇^d)☆koji// グッ!!) says..."富士山"
今回は2人の子供さんとですか~

はまってますね!!

昔、8合目まで登った事がありますが、今は無理・・(爆

ツーリングで登る・・尚更死にますね。

多分、足がガクガクで・・・


2014.10.20 23:14 | URL | #bi7m.Ic2 [edit]
あけみ says..."おはようございます。"
山歩きは高校の遠足に登ったぐらいです(苦笑)
多分、私は登山には目覚めないんだろうなぁと思っています。
でも間違いなく運動不足解消にはなりますね!
足腰鍛えられていいんじゃないでしょうか?
親子で汗流しての山登り、最高でしょう!!
色んな山を登って見せて下さい♪
2014.10.21 05:51 | URL | #- [edit]
mj says..."コメントありがとう(^ο^)ゝです。 "
ぽんさん コメントありがとうございます。

>御子息はおいくつですか?
中学3年になります・・。本当は受験勉強に励んで居なくてはいけない時なのですが、気分転換を兼ねて出掛けてみました。娘も一か月前から準備をしていた文化祭が終わったのでその気分転換を・・ということで一緒に出掛けました。

>登山は行けば気持ち良いのでしょうが、いかんせん今は疲れるのが大嫌い
慣れるまでは後半になると足にくると思いますが、疲労はそれほどありませんでしたよ。
ハイキング感覚で歩くことのできるコース(山・高原)を探していけば手軽に楽しめると思います。

私も本格的な”登山”をするつもりはありません(笑)
ハイキングの延長でトレッキングを楽しめればと思っています。
なので富士山山頂は目標外です・・。。
2014.10.21 08:21 | URL | #- [edit]
mj says..."コメントありがとう(^ο^)ゝです。 "
キリンさん コメントありがとうございます。

>富士山て、須走の5合目までしか行ったことありません。
記憶に残っているだけで言うと・・私は4回目になります。
そのうち8合目まで行ったのが1回、5合目須走口が2回、富士宮口6合目までが1回です。

>でも御岳のことがあって、山は怖いなと思っています。
先月、須走口の小富士へ行った時が御岳山の噴火当日でした。
(不謹慎かもしれませんが)だからこそ登ってみたいと思ったんですよね・・。

2014.10.21 08:29 | URL | #- [edit]
mj says..."コメントありがとう(^ο^)ゝです。 "
身の丈程さん コメントありがとうございます。

>やわらかい砂浜を歩く感覚と同じ?
砂よりは粒が大きかった気がします。

>多分身の丈程は、3分で帰ってくると思います
革ジャン・革パン姿で宝永山から帰ってくるライダーさんも居ましたので大丈夫ですよ(笑)
ツーリングのついでにでも十分歩ける距離とコースだと思います。

>やっぱりtomzuさんと一緒にブルで
これは楽そうでいいですよね。
2014.10.21 08:35 | URL | #- [edit]
mj says..."コメントありがとう(^ο^)ゝです。 "
JUNさん コメントありがとうございます。

>頂上は雲の中でしたか?
頂上には雲はなくてキレイに見えていたのだと思います。
5合目付近が雲に覆われていて頂上が見えませんでした・・。

>いつかは上ってみたいですね
一度登ってみるといい経験になると思いますよ。
私も(8合目までですが)登った時の景色は今でも鮮明に覚えています。
特に見下ろした夜景と見上げた☆空は最高でした!
2014.10.21 08:42 | URL | #- [edit]
mj says..."コメントありがとう(^ο^)ゝです。 "
kojiさん コメントありがとうございます。

>ツーリングで登る・・尚更死にますね
>多分、足がガクガクで・・
帰りのルートを歩いている時は足がガクガクで上がりませんでした(涙)
でも少しの休憩で帰りの運転には支障は無かったです。

個人差はあるでしょうが、仕事で体を使ったりよく歩く方でしたら
トレッキングレベルで気軽に楽しめそうですよ。
2014.10.21 08:53 | URL | #- [edit]
mj says..."コメントありがとう(^ο^)ゝです。 "
あけみさん コメントありがとうございます。

>私は登山には目覚めないんだろうなぁと思っています。
”登山”と考えると敷居が高くなってしまいますので、
ハイキング気分で山歩きを楽しむって感じです。
もちろん舐てかかると痛い目に合いますので、
その辺はしっかり備えていかないと・・。

>色んな山を登って見せて下さい♪
装備をそれなりに整えて・・・
徐々にですが、乗鞍・上高地・八方尾根も良さそうです。
先ずは心者向けのトレッキングコースを少しづつ歩いて行こうと思います
2014.10.21 11:51 | URL | #H2zG3YOI [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。